やさぐれ日記

やさぐれない、やさぐれた日記

日記、自転車部屋を持てた私は運の良さだけで生きている

走りに行こうとしたら娘が起きてしまったので、布団の上からポンポンしながらゴロゴロしている。泣かれると大変面倒なのだ。 

 

*********

 

人生はほとんどが「運」 だと考える。 人生において個人の努力でどうこうできる問題は些少 なことばかりだ。 うまくいかないのはすべて 「運」が悪かったのだ。 うまくいったときはたまたま「運」が良かっただけのこと。 人生における自己責任論なんてものは増長した勘違い者の証左、 バカの極みだ。

両手マスカケの手相を持つ私はジェットコースターのように運気が上下した末に大爆発する人生 (聞いたら大成功の意味らしい) を送ると言われてきた。2000年代はよく西武新宿駅前で「手相を勉強中」 の人たちに見てもらったのだ。

さらには感情線が鎖状の私は感受性が豊かであるとか、 生命線が短いことから充実した人生を送るとか、知能線がどう たらこうたらで素晴らしいとか、私の手にはそんなもの無かったことが後で分かる 「ソロモンのなんとかがある」 とか、無料でひたすらアゲてくる、褒めちぎってくれる。

今思い返すと彼ら彼女らの言葉は 「あなたはただの社会不適合者、やペー若者」 と言われていた気もしないでもないが。

あの当時、新卒での就職に失敗して劣等感の強かった私は駅前を徘徊する彼ら彼女らと話 すことで自己肯定感が回復したので、感謝しかない。 そして時々は額に手をかざして特別な 力を分けてくれた。

心が弱っていた私はだいぶ救われたと思う。 宗教にすがるとはこういうこ とかと実感したことを覚えているし、それを同僚や友人などに話してはいけないと強く思 ったことも記憶に残っている。

幸い、私の場合はいつも手をかざされて終わりとなり、高額商品やセミナー勧誘の類は一切 なく、トラブルとは無縁なままだった。 カモではなかったのか、はたまた本当のボランティ ア団体だったのか、今となっては分からない。

ただ、比較的満足度の高い現状についてはほ ぼ100%運である。 マスカケのおかげかどうかは知る由もないが、 自分の努力のおかげとは 全く思っていない。

 

*********

 

首都圏の新築マンション平均価格が高騰しているらしい。へえ。

一方で厚生労働省による世帯収入についての 2019年調査では、 全世帯の平均は552万円。 児童のいる世帯は745万円。

この調査 について電卓をたたいてみたら、世帯収入 1,000 万未満が全体に占める割合は87.8%だっ た。

※裏を返すと残り 12.2%の世帯は収入が1000万円以上なわけで、フルマラソンに おける男性のサブ3.5達成者の割合と同じという説がある。 そう珍しくはないとも言えるか?

 

首都圏以外の様子を知らない身で語ってはよくないだろうが、国内でも大企業の仕事 が集中していそうな首都圏のほうが、世帯収入が高そうな気はする。 したがって当然、厚労 省の調査結果をそのまま首都圏事情に当てはめてはいけない。

と言いつつ、 「返済額を世帯年収の25%に抑える」という住宅ローンのセオリーにのっと って、 745万円×25%=190万円 (月額約16万円)で適当に書き出してみる。

男性の平均初婚年齢31歳で結婚、「児童=6歳」で考えた場合、38歳で住宅購入、 60歳まで22年間 @190 万円の返済総額 4,180万円となる。 そう考えると、頭金を数百万円積めるのであれば、 23区は無理でも神奈川・埼玉・千葉の平均価格程度のマンションなら購入できそうな気はするが、それは間取りの観点から見て大きな間違いだ。

間取りのタイプにもよるが、 LDK に夫婦の寝室と子供部屋のほかにもう一部屋ないと、 よっぽど収納が充実しているか、もしくは外にトランクルームを借りないとキツいかもしれ ない。 これがもし子供2人以上でしかも性別が異なっていたら、 部屋を分けてやる必要から4LDK となることもあるだろう。この価格で4LDKはどれくらいあるだろうか。

さらにリンク先はあくまで平均価格であり、例えば浦和区常盤の物件もそれ以外のエリアの物件も何もかもが一緒くたであると考えられる。 それなりの収入を考えると、場所を選ばない自営業でもない限り、都心にアクセスしやすい地域=主要路線沿線を検討しなけれ ばならない。

しかし主要な駅の徒歩圏内は開発され尽くしていないか。今現在開発中・これから開発するとなると昔風に言えば地上げ、とにかく金がかかってくるはず。旧宅も現居も新築だがどちらも「今買わないと数年後にはどこも坪単価300万円を超えてしまう、買えなくなってしまう」と言っていた各社の営業マンは正しかったな。

 

やはり多くの子持ち世帯にとって、 都内23区に住むのは至難の業と言えそう だ。 どうしても23区内の新築にこだわるなら、計算をすっ飛ばしてざっくり世帯年収1500万円は欲しいかもしれない。中古なら物件次第で、あとは価値観の問題だろうけど。

そしてローンの返済だけでなく、贅沢というのとは全く別に、 その年収に見合った生活様式や子供の教育水準を考えると、もう少し収入があってもよい かもしれないな。 高級外車と一緒で、維持にもカネがかかるはず。 持ったことないけど。

新築マンションの価格が高すぎるのは無駄にハイスペックな点もある。床暖房や浴室乾燥、ビルトインの食洗機にディスポーザーなど快適・便利な設備も多いけど、専有部だと浴室のミストサウナなんて数回しか使ったことがないし、ほかにも狭小なトイレのおもちゃみたいな手洗いカウンターとか、あと共有部でもエントランスホールの意味不明なレリーフやライトアップされた焼き物は不要。アホだろ。幸いうちのマンションには無いが敷地内の噴水とか意味不明なオブジェもマジでいらん。

 

叩く蹴る突き飛ばすが当たり前で、毎月のように不正で懲戒解雇処分が出て、数年に1人は自殺者が出る会社にしか内定をもらえず、転職も年収X00万円の仕事しか紹介されず、泣く泣くそこで貴重な20代を7年も浪費した私が40歳手前で首都圏に新築のブランドマンションで自転車部屋を持てたのは「運」が良かったからだ。とにかくこれにつきる。

これを維持するには当然、ある程度は個人の努力が必要だとは思うがしかし正直な話、人生和了の気分もある。